i-dio HQ Selection

#32 Jack Johnson (2019/6/14~)

 

「The Right Stuff」Vol.32 今回はJack Johnson

1975年ハワイ生まれのジャック・ジョンソン。
21世紀のサーフ・サウンドをクリエイト、新たなカルチャーを提示したジャックの「e-onkyo music」にある作品から代表曲をまとめた。

 

M1   The Horizon Has Been Defeated
M2   Wasting Time
M3   Taylor
M4   Sitting, Waiting, Wishing
M5   Good People
M6   Breakdown
M7   Better Together
M8   Upside Down
M9   If I Had Eyes
M10  Hope
M11  Flake (Live)
M12  You And Your Heart
M13  At Or With Me
M14  From The Clouds
M15  My Mind Is For Sale
M16  Big Sur

 

今後の放送予定

6.14(金) 23:00~
6.15(土) 23:00~
6.16(日) 23:00~
6.17(月) 23:00~
6.18(火) 23:00~
6.19(水) 23:00~
6.20(木) 23:00~
6.21(金) 8:00~
6.22(土) 13:00~
6.23(日) 21:00~
6.24(月)    8:00~
6.25(火) 13:00~
6.26(水) 21:00~
6.28(金) 13:00~
6.29(土) 21:00~
7.1   (月)   13:00~
7.2   (火) 21:00~
7.4   (木) 8:00~
7.5   (金) 21:00~
7.7   (日) 8:00~
7.8   (月) 21:00~
7.10 (水) 8:00~
7.11 (木) 13:00~
7.13 (土) 8:00~
7.14 (日) 13:00~
7.16 (火) 8:00~
7.17 (水) 13:00~
7.18 (木) 21:00~

 

 

 

ジャック・ジョンソンのオリジナル・アルバムは7枚あるが、e-onkyo music にはファースト・アルバム「Brushfire Fairytales」と6枚目「From Here to Now to You」が欠けている。
去年、フジ・ロック・フェスティヴァル出演にあわせて発表された日本独自のベストもなく、補うことがかなわず。ファースト・ヒットとなった「Flake」は2009年のライヴ・アルバムからピックアップした。個人的には、ジャックとドノヴァン・フランケンレイターのデュエット「Free」がとてつもなく好きなのだが、ドノヴァンのアルバムも未ハイレゾ化のため涙を呑んだ。

今回もオーソドックスにシングルとして発表された曲を年代を追って並べているが、ジャックの曲は力の抜けぐあいが絶妙で、サウンドも風通しがよく、とにかく気持ちがよい。
そろそろ「Cozy Lounge」の選曲の順番が巡ってくるので、映画「ライフ!」のサントラに収録されている曲を選ぼうと思案しているので、こちらの番組もお楽しみに。

 

 

 

 

オアフ島で生まれて、少年時代はサーフィンに明け暮れ、高校生ながらプロのサーファーとして契約を結び将来を嘱望されながらも、大怪我のためプロのサーファーとなることを諦めたジャック・ジョンソン。
入院中に音楽に傾倒し、大学では映像制作を学び、最初のサーフ・ムーヴィーが注目を集め、同時に彼の音楽の才能も評価され、アルバムを制作。このアルバムがヒットして自らのレーベル「Brushfire」を設立。ここからリリースされたセカンド・アルバム「on and on」は全米3位にランクされるという好成績を残し、ジャックは21世紀の新たなクリエーターとして存在を確かなものにする。

センスがいい!という一言に尽きるのだろうが、まあ、憎らしいほど非の打ち所がない。
うらやましい限りだ。

 

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ