i-dio HQ Selection

#33 Michael Jackson vol.1 1969-1983 (2019/6/21~)

 

 

「The Right Stuff」Vol.33 今回は Michael Jackson vol.1

2009年6月25日、50歳で他界した世紀のエンターテイナー、
キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソン。
まもなく没後10年を迎える彼の、ジャクソン5としてデビューする1969年から「スリラー」がモンスターヒットとなる1983年までのトップ10ヒットをコンパイル。

 

 

M1   I Want You Back / The Jackson 5
M2   ABC / The Jackson 5
M3   The Love You Save / The Jackson 5
M4   I’ll Be There / The Jackson 5
M5   Got to Be There (Single Version)
M6   Rockin’ Robin
M7   Ben (Single Version)
M8   Enjoy Yourself / The Jacksons
M9   Don’t Stop ‘Til You Get Enough (2003 Edit)
M10  Shake Your Body (Down to the Ground) (Single Edit) / The Jacksons
M11  Rock with You (Single Version)
M12  She’s Out of My Life (Single Version) 
M13  The Girl Is Mine with Paul McCartney
M14  Billie Jean / Michael Jackson
M15  Beat It (Single Version)
M16  Wanna Be Startin’ Somethin’ (Single Version)

 

 

今後の放送予定

6.21(金) 23:00~
6.22(土) 23:00~
6.23(日) 23:00~
6.24(月) 23:00~
6.25(火) 23:00~
6.26(水) 23:00~
6.27 (木) 23:00~
6.28(金) 8:00~
6.29(土) 13:00~
6.30(日) 21:00~
7.1   (月)    8:00~
7.2  (火) 13:00~
7.3  (水) 21:00~
7.5  (金) 13:00~
7.6  (土) 21:00~
7.8  (月) 13:00~
7.9  (火) 21:00~
7.11 (木) 8:00~
7.12(金) 21:00~
7.14(日) 8:00~
7.15(月)    21:00~
7.17(水) 8:00~
7.18(木) 13:00~
7.20(土) 8:00~
7.21(日) 13:00~
7.23(火) 8:00~
7.24(水) 13:00~
7.25(木) 21:00~

 

 

 

 

MJ 没後10年という節目ゆえマイケル・ジャクソンを特集することはすぐに決まった。
選曲にとりかかると、モータウン時代のヒットをカットしても、とても1時間で収まるものではなかったため、松田聖子以来2回シリーズにすることとなった。
おかげでジャクソン5、モータウン時代のMJのヒットを収められ、ジャクソンズの曲も選ぶことができた。
とはいえ、MJのアルバムのプロデューサーとなるクインシー・ジョーンズとの最初の作品、ダイアナ・ロスとMJの「EASE ON DOWN THE ROAD」を選ぶほどの時間の余裕はなかった。

結果、1969年のデビューからメガ・ヒット・アルバム「スリラー」のいくつかのシングルでタイム・アップ、来週に持ち越した。

 

 

 

 

 

ジャクソン5の最年少メンバーとしてデビューしたマイケル・ジャクソン。
モータウンからのデビュー・シングルから「帰ってほしいの」から4枚のシングルをいきなり全米ナンバー1ヒットに送り込むという強力なブラザー・グループだった。
余談だが映画「カメラを止めるな!」のエンディング曲は、どう聞いても「帰ってほしいの」と酷似している。

マイケルと兄のジャーメインのツイン・ヴォーカルであるジャクソン5。
マイケルは1971年、兄、ジャーメインは1972年にソロ・デビュー。

1975年にはジャクソン5がモータウンを離れるが、その際、モータウンのオーナー、ベリー・ゴーディの娘と結婚していたジャーメインはモータウンに残り、ジャクソン5の名前も使えなかったため、ジャクソン・ファミリーの弟、ランディが正式に加入し、ザ・ジャクソンズとなった。

そして、1978年、マイケル・ジャクソンはアフロ・アメリカンのキャストによるミュージカル「ザ・ウィズ」を映画化した「ウィズ」にかかし役で出演する。この映画の音楽監督がクインシー・ジョーンズだったことから、マイケルはクインシーと知り合い、彼にプロデュースを託すことで快進撃が始まる。

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

 

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ