i-dio HQ Selection

#39 はっぴいえんど 1970-1971 (2019/8/2~)

 

 

「The Right Stuff」Vol.39 今回は はっぴいえんど

1970年8月5日、アルバム「はっぴいえんど」でデビューした伝説のバンド、はっぴいえんど。
メンバーは、細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂。
日本語のロックを確立した彼らは、1973年に3枚のアルバムを残して解散するが、今回はファースト・アルバム「はっぴいえんど」とセカンド・アルバム「風街ろまん」からセレクト。

 

M1   春よ来い
M2   かくれんぼ
M3   しんしんしん
M4   飛べない空
M5   12月の雨の日
M6   朝
M7   はっぴいえんど
M8   抱きしめたい
M9   空いろのくれよん
M10  風をあつめて
M11  はいからはくち
M12  夏なんです
M13  花いちもんめ
M14  颱風
M15  春らんまん

 

8.2 (金) 23:00~
8.3 (土) 23:00~
8.4 (日) 23:00~
8.5 (月) 23:00~
8.6 (火) 23:00~
8.7 (水)    23:00~
8.8 (木)    23:00~
8.9 (金) 8:00~
8.10(土) 13:00~
8.11(日)  21:00~
8.12(月)    8:00~
8.13(火) 13:00~
8.14(水) 21:00~
8.16(金) 13:00~
8.17(土) 21:00~
8.19(月)    13:00~
8.20(火) 21:00~
8.22(木) 8:00~
8.23(金) 21:00~
8.25(日) 8:00~
8.26(月)    21:00~
8.28(水) 8:00~
8.29(木) 13:00~
8.31(土)  8:00~
9.1 (日)   13:00~
9.3 (火)   8:00~
9.4 (水)   13:00~
9.5 (木)   21:00~

 

 

 

 

 

 

1970年「はっぴいえんど」(通称ゆでめん)1971年「風街ろまん」1973年「HAPPY END」
1973年9月21日、文京公会堂で “CITY -LAST TIME AROUND” がラスト・ライヴ。
1985年6月15日、国立霞ヶ丘陸上競技場で “国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW” に出演。

リアルタイムではっぴいえんどを体感していない世代である私には、日本語のロックの論争など無縁だったし、解散後のメンバーの活動は、”趣味趣味音楽”でマイナーなものだった。
ところが、1980年ごろからは、YMO、大滝詠一、さらに作詞家、松本隆がおどろくほどメジャーな存在になって、はっぴいえんどは無視できないものとなった。しかし、私にはピンとこなかった。
1985年には、1度限りのリユニオンを経てライブ・アルバム「THE HAPPY END」が発表されて、はっぴいえんどとしての活動は終了した。

今回の番組を制作する数年前、ハイレゾ音源のアルバムを聴いて驚愕した。
以前聴いたときにはピンとこなかったのに、松本隆のドラムスの音が非常にヴィヴィッドに感じられるいわゆるいい音だったのだ。
あらためて、バッファロー・スプリングフィールドを手本にしたサウンドだったことも確認した。さしずめ、ニール・ヤング役は大滝詠一ということになるのだろう。

ハイレゾではっっぴいえんどを聴いていなかったら、未だに私は、はっぴいえんどを誤解したままだったと思うと、ぞっとする。

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ