i-dio HQ Selection

#47 Miles Davis 1975-1987 (2019/9/27~)

 

 

「The Right Stuff」Vol.47 今回は、帝王、マイルス・デイヴィス。

1991年9月28日、65歳でこの世を去った彼の1985年の未発表作品を仕上げたアルバム「ラバーバンド」が発表されたばかり。
マイルスの1950年代の代表曲を中心にコンパイル。

 

M1   Boplicity
M2   Walkin’
M3   Bags’ Groove (Take 1)
M4   My Funny Valentine
M5   Générique 死刑台のエレベーターのテーマ
M6   Autumn Leaves 枯葉 by Cannonball Adderley
M7    So What

 

放送予定

9.27(金) 23:00~
9.28(土) 23:00~
9.29(日 )23:00~
9.30(月) 23:00~
10.1(火) 23:00~
10.2(水) 23:00~
10.3(木) 23:00~
10.4(金) 8:00~
10.5(土) 13:00~
10.6(日) 21:00~
10.7(月) 8:00~
10.8(火) 13:00~
10.9(水) 21:00~
10.11(金)13:00~
10.12(土)21:00~
10.14(月)13:00~
10.15(火)21:00~
10.17(木)8:00~
10.18(金)21:00~
10.20(日)8:00~
10.21(月)21:00~
10.23(水)8:00~
10.24(木)13:00~
10.26(土)8:00~
10.27(日)13:00~
10.29(火)8:00~
10.30(水)13:00~
10.31(木) 21:00~

 

 

 

マイルス・デイヴィスが一番長く在籍したレーベル、(1956年-1985年) コロムビアの作品をまとめるべきかと思ったが、あまりにも散漫になると考え名作「カインド・オブ・ブルー」をゴールに設定、1950年代のマイルスの作品をまとめることにした。

M1は1949年の録音、ギル・エヴァンスと組んだ「バップリシティ」。1957年に当時の録音がまとめられたアルバム「Birth of Cool クールの誕生」に収録された。

M2はマイルス・デイヴィス・オール・スターズ名義で1954年に発表されたアルバム「ウォーキン」のタイトル・ナンバー。

M3はソニー・ロリンズ, ミルト・ジャクソン, セロニアス・モンク, ホレス・シルヴァー, パーシー・ヒース, ケニー・クラークというジャイアンツが集った1954年のアルバムのタイトル曲。

M4は1957年のアルバム「クッキン」収録。
コロムビアと契約したマイルスがプレスティッジとの契約消化のために、マイルス・デイヴィス・クインテットとして「マラソン・セッション」と呼ばれるアルバム4枚分のレコーディングをたった2日間で済ませた。「クッキン」は4枚のアルバムの最初に発表されたもの。
チェット・ベイカーのヴォーカル・ヴァージョンのリリースは1954年。

M5はフランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作「死刑台のエレベーター」(1958年) のサントラより。

M6はアルト・サックスのキャノンボール・アダレイ名義のアルバム「サムシン・エルス」に収録。
マイルスが実質的にはリーダーシップをとったアルバムだが、コロムビアとの契約関係でキャノンボールの名義となっている1958年のブルーノートでの作品。

どうにも長い曲が多くなってしまい、次がラストを〆るM7
予定通り1959年傑作「カインド・オブ・ブルー」のオープニング・ナンバー。
ビル・エヴァンスが参加。

 

 

 

 

ところで、マイルスの新作「ラバーバンド」
今回の50年代の作品とは異なるファンクなアルバムだが、最後に収められたタイトル曲で「ベロベロベー」という合いの手のような言葉が収録されているが、これは一体なんなんだろう?

気になる。

 

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ