i-dio HQ Selection COZY LOUNGE

COZY LOUNGE #35 選曲ノート by hatakeyama

Cheek to Cheek~I Love Cinemas~ / 手嶌葵

 

「COZY LOUNGE」by hatakeyama

コージーなひとときをお届けする、COZY LOUNGE。

さて、秋と言えばお月見という事で今回は「月(moon)」にちなんだ曲を選んでみました。キーワードで曲を選ぶ事はけっこうあるんですが、「月」の曲は断然名曲が多いと感じます。やはり何か「月」の持つ魔力というか、神秘的なものが作り手のイマジネーションを掻き立てるのでしょうか。


M.01 手嶌 葵 | Blue Moon

M.02 伊藤志宏 | Fiy Me To the Moon (feat. 名嘉真祈子)
M.03 ブライアン・ウィルソン | ハーフ・ムーン・ベイ(feat. マーク・アイシャム)
M.04 Steve Tibbetts | 100 Moons
M.05 Bopek | Dalawa Moon (Acoustic)
M.06 カサンドラ・ウィルソン | ハーヴェスト・ムーン

 

前半はゆるく、オーガニックなテイストで纏めてみました。

イントロは手島葵の昨年出た『Cheek to Cheek~I Love Cinemas~』(名盤!)からロジャース&ハートの名曲「Blue Moon」。ジャズからポピュラーまでいろんな人にカヴァーされてる曲ですね。静謐な感じのアレンジと歌が素晴らしいです。
お次、ほんわかしたアレンジが珍しい「Fly Me To the Moon」に続いてブライアン・ウィルソンの幽玄なインスト曲「ハーフ・ムーン・ベイ」。港の水面に月が映る情景が目に浮かんでくるような名演。トランペットは映画音楽の分野で活躍するマーク・アイシャム。

前半残り3曲はオーガニックテイストで。
Steve Tibbettsはアメリカのギタリストですが、ワールドミュージックの要素を積極的に取り入れた作風で知られています。この「100 moons」も多数のパーカッションとスティールパンがエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。
つづくBopekはフィリピンのバンド。最近フィリピンだけでなく、東南アジア各地から良いバンドがたくさん出てますね。BopekのFacebookではこの「Dalawa moon」(2つの月)のバンド演奏の映像が載っていましたがそちらもよい感じでした。
前半最後カンサンドラ・ウィルソン「ハーヴェスト・ムーン」はニール・ヤングのカヴァー。“ハーヴェスト・ムーン”というのは日本で言う満月のこと。今年の9月の満月は14日のようなので、もうお月見された方いるかもしれませんね。


M.07 Saburo Tanooka | Moonlight Serenade

M.08 Bosque Mágico | Moonflower
M.09 Robertinho De Paula | The Killing Moon
M.10 Brian Newman | Dancing In The Moonlight
M.11 Michael Bublé | Moondance
M.12 Aretha Franklin | Moon River
M.13 Rigmor Gustafsson | The Moon Is a Harsh Mistress

 

後半ジャジーなテイストで。

田ノ岡三郎は最近活躍がめざましいアコーディオン奏者。ここでは独奏で「Moonlight Serenade」を。独奏であっても全く薄さを感じさせない多層的な演奏で聴かせます。
アコーディオン(バンドネオン)つながりで次は多国籍のメンバーが集まったジャズ・コンボ“Bosque Mágico(ボスケ・マヒコ)”。いろんな国の音楽が混ざり合い結果的に無国籍風になっているのがおもしろいです。
ブラジル人ジャズ・ギタリスト、ホベルチーニョ・ジ・パウラが取り上げるのはエコー・アンド・ザ・バニーメンの「The killing Moon」。この曲を収録した『The Seed of Love: Jazz Guitar Brazilian Style』ではこのほかにも80年代イギリスのポリスやティアーズ・フォー・フィアーズの曲を取り上げていて、かつてエヴリシング・バット・ザ・ガールがコール・ポーターの「Night And Day」をカヴァーした逆を行っているよう。

Brian Newmanはレディー・ガガとも仕事をしているトランペッター/シンガー。この「Dancing In The Moonlight」はThin lizzyのカヴァーで、もともとオールディーズ風な曲ですが、ここではソウル・ジャズの風のアレンジがハマッてます。
Michael Bublé「Moondance」~ Aretha Franklin 「Moon River」はスウィンギーな感じで。「Moondance」は言わずと知れたヴァン・モリソンの名曲ですが、Bubléは正統派なジャズアレンジで挑戦しています。
アレサの「Moon River」はソウル期以前のアレサの真骨頂とも言えるような名唱。
ラストはスウェーデンのジャズシンガーRigmor Gustafssonによるジム・ウェッブの名曲「The Moon Is a Harsh Mistress」でしっとりと。

コージーな気分になっていただけたら幸いです。

 

Text by hatakeyama (e-onkyo music)

 

 

★「COZY LOUNGE」は毎日朝9:00から放送中(毎週水曜日更新)

★再放送は毎日14:00から!

 

<#35(by hatakeyama)今後の放送予定>

2019.9.18(水) 9:00~ *初回放送
2019.9.19(木) 14:00~
2019.9.24(火) 9:00~
2019.9.25(水) 14:00~
2019.9.30(月) 9:00~
2019.10.1(火) 14:00~
2019.10.7(月) 14:00~

2019.10.13(日) 9:00~
2019.10.19(土) 9:00~
2019.10.20(日) 14:00~
2019.10.25(金) 9:00~
2019.10.26(土) 14:00~
2019.10.31(木) 9:00~
2019.11.01(金) 14:00~

 

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ