i-dio HQ Selection COZY LOUNGE

COZY LOUNGE #58 選曲ノート by Steve

Late For The Sky / Jackson Browne

 

「COZY LOUNGE」by Steve

Steveが担当する ”Cozy Lounge” 最終回。
前回の選曲でヴォーカル・ナンバーに大きく舵を切ったので、今回は暖冬から初春に似合いそうな曲をセレクト。

 

<オンエア楽曲>

M1 Late For The Sky / Jackson Browne
M2 Lonely People / America
M3 If / Bread
M4 Someday Soon / Judy Collins

1970年代の初頭のシンガー・ソングライター・ブーム、ウェスト・コースト・サウンドをベースにしようと思い、ジャクソン・ブラウンの「レイト・フォー・ザ・スカイ」からスタートした。
2曲めはロンドンに駐留するアメリカ軍人の子弟が結成したグループ、アメリカ。ソフト・ロックなつながりで次にブレッドを並べた。

私が西海岸のサウンドに興味を持ったきっかけのひとつは、高校時代から愛聴している浜田省吾がジャクソン・ブラウンに大きな影響を受けたということ。彼がオリジナルの日本語詞をつけて「いつかもうすぐ」のタイトルで取り上げたのがM4 「Someday Soon」。オリジナルはカナダのフォーク・デュオ、イアンとシルヴィアだが今回はシングル・ヒットさせたジュディ・コリンズのヴァージョンを選んだ。ちなみにCSNYの「青い瞳のジュディ」は彼女のことだ。

 

M5 How Sweet It Is (To Be Loved By You) / James Taylor
M6 Little Darling (I Need You) / The Doobie Brothers
M7 So Far Away / Carole King
M8 After the Gold Rush / Neil Young

今回の選曲で欠かせない存在、ジェイムズ・テイラーは、マーヴィン・ゲイの「ハウ・スウィート・イット・イズ」にした。JTのソフトで実はソウルフルなヴォーカルが素晴らしいカヴァーだ。次にキャロル・キングを、とも考えたが、マーヴィン・ゲイつながりでドゥービー・ブラザーズの「リトル・ダーリン」を。大ヒットにはならなかったが、大好きなカヴァーのひとつだ。
次はお約束のキャロル・キングを選び、その次はニール・ヤング。ニール・ヤングに盲従している私の中でも大好きなアルバム「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」のタイトル曲だ。
と、このテキストを打っていたら、ニールの「メロウ・マイ・マインド」という曲のタイトルが浮かんできた。そうか、今回の選曲テーマをうまく表現できないでいたが、「メロウ・マイ・マインド」ということだったと分かった。

 

M9 Our House / Crosby, Stills, Nash & Young
M10 The Circle Game / Joni Mitchell
M11 All Our Past Times / Eric Clapton
M12 The Best Of Everything / Tom Petty and The Heartbreakers

木村南海子さんのナレーションをはさんで、ニール・ヤングの流れからクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング、ほのぼのとした「アワ・ハウス」を選んだ。ブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担ったザ・ホリーズを脱退してLAにたどり着いたイギリス人、グレアム・ナッシュの曲だ。映画「いちご白書」で使われた曲だったことから、映画のテーマ曲を次に並べた。バフィ・セントメリーでヒットしたが、ここはコンポーザーのジョニ・ミッチェルにした。

ここらあたりでテキーラ・サーキットのメンバーでもあったトム・ウェイツをかけたかったのだが、いつのまにかカタログから姿を消していて愕然とした。代わりにと、アンドリュー・ゴールドやJ.D. サウザー、ニコレット・ラーソン、カーラ・ボノフ、ダン・フォーゲルバーグ、ヴァレリー・カーター、リトル・フィートあたりを探したが、残念ながら…の状態だったので、気分を改めサザン・フィーリングな曲を続けた。

M11はザ・バンドのリック・ダンコとエリック・クラプトンの共作。
M12のトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズもザ・バンドのメンバーがフィーチャーされた、いなたいバラードだ。

 

M13 Love Me Tender / Linda Ronstadt
M14 The One You Love / Glenn Frey
M15 Faithfully / Journey

選曲も終盤になってきたので切り札、リンダ・ロンシュタットの投入だ。
私が最初に聞いたアルバム「ミス・アメリカ」のラストに収められたバラード「やさしく愛して」。キング・エルヴィスの代表曲をこんなに切なく歌われてしまい、高校生の私は一発でノックアウトされてしまった思い出がある。
続けてイーグルス関連で1曲と思い、「アフター・ザ・スリル・イズ・ゴーン」「サッド・カフェ」「ラスト・リゾート」あるいはドン・ヘンリー「エンド・オブ・ジ・イノセンス」や「最後の無駄な夜」などを候補にあげたが、時間の関係もあり結果グレン・フライの「恋人」になった。

そしてオーラスはジャーニーのバラード「フェイスフリー 時への誓い」。元ベイビーズのジョナサン・ケインがつくった、ツアーに明け暮れるバンドマンが妻(恋人)にあてたラヴ・ソングでフィニッシュ。

 

とてもプライベートな選曲だけれども「メロウ・マイ・マインド」というタイトルで発売したいぐらいの選曲をすることができた。
こんな機会を持てたことに感謝、そして聴いてくださった方に気にいっていただけることを願って…

 

Text by 選曲&制作担当 Steve

 

 

★「COZY LOUNGE」は毎日朝9:00から放送中(毎週水曜日更新)

★再放送は毎日14:00から!

 

<#58(by Steve)今後の放送予定>

2020.02.26(水) 9:00~ *初回放送
2020.02.27(木) 14:00~
2020.03.03(火) 9:00~
2020.03.04(水) 14:00~
2020.03.09(月) 9:00~
2020.03.10(火) 14:00~
2020.03.16(月) 14:00~
2020.03.22(日) 9:00~
2020.03.28(土) 9:00~
2020.03.29(日) 14:00~

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ