i-dio HQ Selection

#67 Roberta Flack 1971-1982 (2020/2/14~)

 

 

「The Right Stuff」Vol.67 今回は Roberta Flack

2月10日に83歳のバースデーを迎えたロバータ・フラック、彼女の1971年のファースト・ヒットから1982年までの代表曲をセレクト。

 

M1  You’ve Got a Friend きみの友だち by Roberta Flack & Donny Hathaway
M2  You’ve Lost That Lovin’ Feelin’ ふられた気持ち by Roberta Flack & Donny Hathaway
M3  Will You Still Love Me Tomorrow
M4  The First Time Ever I Saw Your Face 愛は面影の中に
M5  Where Is the Love 恋人は何処に by Roberta Flack & Donny Hathaway
M6  Killing Me Softly with His Song やさしく歌って
M7  Jesse 我が心のジェシ
M8  Feel Like Makin’ Love 愛のためいき
M9  The Closer I Get to You 私の気持ち by Roberta Flack & Donny Hathaway
M10  You Are My Heaven by Roberta Flack & Donny Hathaway
M11  Back Together Again by Roberta Flack & Donny Hathaway
M12  Making Love
M13  I’m the One

 

放送予定

2.14(金)23:00~
2.15(土)23:00~
2.16(日)23:00~
2.17(月)23:00~
2.18(火)23:00~
2.19(水)23:00~
2.20(木)23:00~
2.21(金)8:00~
2.22(土)13:00~
2.23(日)21:00~
2.24(月)8:00~
2.25(火)13:00~
2.26(水)21:00~
2.28(金)13:00~
2.29(土)21:00~
3.2(月)13:00~
3.3(火)21:00~
3.5(木)8:00~
3.6(金)21:00~
3.8(日)8:00~
3.9(月)21:00~
3.11(水)8:00~
3.12(木)13:00~
3.14(土)8:00~
3.15(日)13:00~
3.17(火)8:00~
3.18(水)13:00~
3.19(木)21:00~

 

 

 

 

ちょうど今日はバレンタイン・デーなので、ピーボ・ブライソンとのデュエット、結婚式の定番曲「愛のセレブレーション」で番組を〆られたらよかったのだが、ピーボとのデュエット・アルバムはe-onkyo music のカタログにはなかった。ベスト・アルバムもなかったが、1988年のアルバム「オアシス」まではほぼ揃っていたので、そこからセレクト。ソロとして全米ナンバー1を3曲持つロバータだが、結果、ダニー・ハサウェイとのデュエットが半数になった。M11は10分近くあるダンサブルな曲だが時間の制約のためほぼ半分のところでフェイド・アウトした。

 

 

 

 

ロバータ・フラックがデビューしたのは1969年、すでに彼女はオーヴァー30だった。
ダニー・ハサウェイとのデュエットがヒットしたのは1971年のこと。シンガー・ソングライター・ブームに呼応して内省的なニュー・ソウルが人気を博した時代に、抑制の効いた知的なヴォーカル&サウンド・メイクで遅咲きながら大輪の花を咲かせた。

1999年には高橋真梨子のカバー・アルバムを発表したり、2012年のレイテスト・アルバムはザ・ビートルズのカバー・アルバムだったりと、さまざまなタイプの曲をとりあげているが、彼女の声さえあればどんな曲でもサマになるから怖ろしいというべきか、素晴らしいというべきところだ。
そんななかでも、「我が心のジェシー」が一番好きだ。
ソウルを聞き出したのが遅かったこともあって、ロバータ・フラックが先に発表していたが、コンポーザーのジャニス・イアンのヴァージョンを先に耳にしていた。
ジェシーがいないことで、ぽっかりと穴の空いた気持ちで暮らしているさまを淡々と綴った歌だが、その寂寥感が痛いほど伝わってくる。
このジェシーはベトナム戦争から帰還できなかった兵士だったのでは?とか、
いや、恋人とは限らない、兄弟や父それとも息子とも思える。
もしかすると、ロバータにとっては病気を発症したダニー・ハサウェイのことなのかもしれない…
妄想するとキリがないのだが、これも歌の素晴らしさだと思う。

 

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ