i-dio HQ Selection The Right Stuff

#12 オフコース 1970-1982 (2019/1/25~)

 

「The Right Stuff」Vol.12 今回はオフコース

1970年のデビューから1983年に至る東芝EXPRESS レーベル在籍時の作品から、
小田和正が「LOOKING BACK」「LOOKING BACK 2」でセルフ・カヴァーした曲をセレクト。

 

M1 僕の贈りもの
M2 もう歌は作れない
M3 愛の唄
M4 こころは気紛れ
M5 秋の気配
M6 やさしさにさようなら
M7 夏の終り
M8 愛を止めないで
M9 風に吹かれて
M10  さよなら
M11 Yes-No
M12 愛の中へ
M13 言葉にできない

 

今後の放送予定

1.25(金) 23:00~
1.26(土) 23:00~
1.27(日) 23:00~
1.28(月) 23:00~
1.29(火) 23:00~
1.30(水) 23:00~
1.31(木)  23:00~

2.1(金)  8:00~
2.2(土)  12:00~
2.3(日)  21:00~
2.4(月)  8:00~
2.5(火)  13:00~
2.6(水)  21:00~
2.8(金)  13:00~
2.9(土)  21:00~
2.11(月) 13:00~
2.12(火) 21:00~
2.14(木) 8:00~
2.15(金) 22:00~
2.17(日) 8:00~
2.18(月) 22:00~
2.20(水) 8:00~
2.21(木)  13:00~
2.23(土) 8:00~
2.24(日) 13:00~
2.26(火) 8:00~
2.27(水) 13:00~
2.28(木) 21:00~

 

 

 

1970年に3人組のジ・オフ・コースとしてデビュー
1972年、オフ・コースになり小田和正、鈴木康博の2人で活動の後、
1977年には5人組のオフコースとなる。
1983年に鈴木康博がグループを離れ、1989年解散。

歴史のあるグループを限られた時間内で紹介するのは、いつも苦労するが、
オフコースのように「Off Course GREATEST HITS 1969-1989」とタイトルされた
すべてのシングルが収められたコンピレーションがあるとなおさらだ。

結果、小田和正が発表した2枚のアルバム
「LOOKING BACK」(1996)「LOOKING BACK 2」(2001)
ここでリメイクされたオフコース・ナンバーを時代を追って並べることにした。

「眠れぬ夜」や「ロンド」、「生まれ来る子供たちのために」といった曲を
収められなかったのは残念だが、ヒット曲ばかりではない内容で興味深い番組になった。

 

 

 

オフコースをリアルタイムで聴いたのは
このシングル「愛を止めないで」
1979年1月リリースだから高校2年生か。

ちがう高校に進んだ幼なじみにこのシングルを借りて、10年近く所有していたため
このジャケットは馴染み深い。
当時流行していたアメリカン・ハード・プログレ・バンド、特にボストンのサウンドに通じるものを感じて、洋楽小僧にも親しみやすい曲だった。

ただ「我が良き友よ」といった曲に感じられるバンカラな時代に憧れを持っていた男には
オフコースの歌はナイーヴ過ぎた。

この後の大ヒット・シングル「さよなら」
この曲は、同じ時期の吉田拓郎の「外は白い雪の夜」(作詞は松本隆)と同様、
冬の別れがテーマになった曲だが、
拓郎が歌うどこか武骨な感じの男と較べると小田和正が歌う音は軟弱に感じられた。

家父長制の残滓をまとっていた昭和の漢には、小田和正の歌詞はフィットしなかったが、
オフコース(小田和正)がこの後、絶大な人気を博すことになるのが
今ではとてもよく理解できる。

今回、改めてオフコースを聴いて気づいたことがあった。
当時、オフコースはアメリカン・ハード・プログレのサウンドを意識していて、
チューリップは、イギリスのジェネシスあたりのサウンドを意識していると認識していた。
「風に吹かれて」はイーグルスの「呪われた夜」からのインスピレーション、
「さよなら」のドラマチックな曲想は、ゼップの「天国への階段」なのだとわかった。

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ