i-dio HQ Selection

#60 Frank Sinatra 1939-1980 (2019/12/27~)

 

 

 

「The Right Stuff」Vol.60 今回は Frank Sinatra

1915年12月12日生まれ、1998年5月14日、82歳でこの世を去った世紀のエンターテイナー、フランク・シナトラ。
ハリー・ジェイムス楽団のシンガーとしてデビューする1939年から、代表曲をまとめた。

 

 

M1   All Or Nothing At All (78rpm Version) with Harry James & His Orchestra
M2   I’ll Never Smile Again with Tommy Dorsey & His Orchestra
M3   You’ll Never Know (78rpm Version)
M4   Saturday Night (Is The Lonliest Night Of The Week) (78rpm Version)
M5   Oh, What It Seemed To Be
M6   Five Minutes More もう5分間
M7   I’m Walking Behind You
M8   Young At Heart
M9   Three Coins in the Fountain 愛の泉
M10  Learning’ the Blues
M11  Love and Marriage 恋と結婚
M12  All The Way
M13  Come Fly With Me
M14  Fly Me To The Moon feat. Count Basie And His Orchestra
M15  Strangers In The Night 夜のストレンジャー
M16  That’s Life
M17  Somethin’ Stupid duet with Nancy Sinatra 恋のひとこと
M18  My Way
M19  Theme From New York, New York

 

 

放送予定

12.27(金)23:00~
12.28(土)23:00~
12.29(日)23:00~
12.30(月)23:00~
12.31(火)23:00~
1.1(水)23:00~
1.2(木)23:00~
1.3(金)8:00~
1.4(土)13:00~
1.5(日)21:00~
1.6(月)8:00~
1.7(火)13:00~
1.8(水)21:00~
1.10(金)13:00~
1.11(土)21:00~
1.13(月)13:00~
1.14(火)21:00~
1.16(木)8:00~
1.17(金)21:00~
1.19(日)8:00~
1.20(月)21:00~
1.22(水)8:00~
1.23(木)13:00~
1.25(土)8:00~
1.26(日)13:00~
1.28(火)8:00~
1.29(水)13:00~
1.30(木)21:00~

 

 

 

 

2015年、生誕100年を記念して発表された4枚組ボックスセット「シナトラ・グレイテスト・ヒッツ: 100周年記念ボックス」コロムビア、キャピトル、リプリーズ、すべてのレーベルから代表曲と名曲を集めたオールタイム・ベスト・アルバムのおかげで、長いキャリアのあるシナトラのヒット曲をバランスよく選曲できた。
もちろん、こぼれてしまった名曲がまだまだたくさんあるので、そこは各自、何らかの形でチェックしてください。

 

 

 

 

1930年代はビング・クロスビー、1940年代はフランク・シナトラ、1950年代はエルヴィス・プレスリー、1960年代はザ・ビートルズ、1970年代はエルトン・ジョン、がそれぞれのディケイドを代表するミュージシャンだと1970年代の音楽誌に記されていたが、1940年代のシナトラの曲を聞く機会にはなかなか恵まれなかった。

年齢のせいもあるのだが、ラジオで流れるシナトラ・ナンバーというと、決まって「マイ・ウェイ」だった。1975年に同じタイトルの映画が公開されたこともあったのかもしれない(映画はフランク・シナトラ・ヴァージョンではなかったけれど)。

イチローが出演するビールのCMで「ニューヨーク・ニューヨーク」
TOYOTA クラウンのCMには「夜のストレンジャー」(この曲はスターダスト☆レビューがコンサートのオープニグで使っていた)
「カム・フライ・ウィズ・ミー」は映画「ハッピー・フライト」
「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」は、アポロ10号、11号にテープが積まれ、月に持ち込まれた最初の曲となった。クリント・イーストウッドの映画「スペース・カウボーイ」で使われた。
「恋のひとこと」は、竹内まりや&大滝詠一でカバーされた。
最近だと、「マイ・ウェイ」がスバルの企業CMで使われたり、「ジョーカー」の映画では「ザッツ・ライフ」が効果的な使われ方をしていた。

The Voice とまで呼ばれた世紀のエンターテイナーの声を堪能してほしい。

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ