i-dio HQ Selection

#70 aiko 1999-2003 (2020/3/6~)

 

 

 

「The Right Stuff」Vol.70 今回は aiko

2月26日、ニューシングル「青空」のリリースにあわせ、すべてのシングルとアルバム、55タイトルのハイレゾ配信をスタートした aiko、初のトップ10ヒット、サード・シングル「花火」から2003年リリース14枚目のシングル「えりあし」まで12曲のヒット・シングルを並べた。

 

M1  花火
M2  カブトムシ
M3  桜の時
M4  ボーイフレンド
M5  初恋
M6  ロージー
M7  おやすみなさい
M8  あなたと握手
M9  今度までには
M10  蝶々結び
M11  アンドロメダ
M12  えりあし

 

放送予定

3.6(金)23:00~
3.7(土)23:00~
3.8(日)23:00~
3.9(月)23:00~
3.10(火)23:00~
3.11(水)23:00~
3.12(木)23:00~
3.13(金)8:00~
3.14(土)13:00~
3.15(日)21:00~
3.16(月)8:00~
3.17(火)13:00~
3.18(水)21:00~
3.20(金)13:00~
3.21(土)21:00~
3.23(月)13:00~
3.24(火)21:00~
3.26(木)8:00~
3.27(金)21:00~
3.29(日)8:00~
3.30(月)21:00~

 

 

 

 

 

55タイトルのハイレゾ配信を一挙にスタートするのは、ニュース・ヴァリューとしてはインパクト大!なのだが、ゴール地点が目前の i-dio としては昨年のユーミンのように複数週費やすこともままならず、どんなコンセプトにすべきなのか迷ったが、結局わかりやすさを求めて、上記のとおりトップ10ヒットを順番に並べたところ「えりあし」で時間がいっぱいになってしまった。コンセプト上曲の入れ替えなどもできず「えりあし」の途中で、沖津那奈さんのエンディングのナレーションをかぶせざるをえなくなった。

 

 

 

 

 

aiko の存在を知ったのは彼女がメジャー・デビューした直後だった。レコード会社で働く大学時代の後輩から久々に連絡があり、用件はデビューしたばかりの aiko をゲスト・ブッキングできないかということだった。いくつかスケジュールを出したが、まだ大阪にいる彼女の上京する日と折り合いがつかなかった。
彼女を私の担当する番組にゲスト出演してもらったのは、2002年9月 アルバム「秋、そばにいるよ」の時だった。このときだったかは定かではないが、挨拶をして名刺をもらったことが印象に残っている。

2007年8月25日イベント「8.25 オールナイトニッポン武道館」に当時ポッドキャストを制作していたトライセラトップスが出演、彼らの収録のため武道館に出向いた。本番前に収録を済ませたのでイベント中はのんびりライヴを観ていたが、その日の出演者の中に aiko もいた。
彼女のライヴを見るのは初めてだったが、盛り上げ方を知ってる強者だなという印象だった。

この程度の接点しかないのだが、大学時代の後輩にはその後、電話で確認したことがある。
2011年のシングル「ずっと」のPVに、今もポッドキャストの制作を担当しているザ・コレクターズの古市コータローが出演しており、そのエピソードを番組内で話すにあたって、コータローが出演していることの情報解禁がいつかを確かめることだった。
その時はすぐに電話がつながったが、最近は連絡をとっていない。
またアイツと麻雀がしたいなと思う。

 

 

 

 

Text by “The Right Stuff” 選曲&制作担当 Steve

アニソンHOLIC/i-dio HQ Selection/Voice Road Channelの番組をお楽しみいただくためには
TS PLAY by i-dioが必要です。

i-dio【新放送サービス】アイディオ
Download on the App Store goole play で手に入れよう

<Android4.2以降、iOS8.0以降に対応>

ページTOPへ